中東での出稼ぎCAの備忘録✈

自分の常識は世界の常識ではなかったということに気づかされ、常識を破られる日々

ヤクザ集会の地、カサブランカ

今回は「土曜ワイド劇場:CAは見た!」シリーズでお送りしたいと思います。そう私見てしまったのです。Unbelievableな光景を…。

みなさん、カサブランカと聞くと…?たいていの人がかの有名なアカデミー賞を受賞したラブロマンス映画を思い浮かべるのではないでしょうか。
しっしかし、そんなロマンティックなイメージとは裏腹に、私の3年間のクルーライフ上、衝撃的ワーストフライトがモロッコの都市、カサブランカでございます。

カサブランカはすんごいしんどいフライトとしてとても有名で、噂はかねがね聞いていたのですが、入社後一年記念日のフライトとしてアサインされ、このフライトを経てまたさらに成長した(正しくは強くなった…)といっても過言ではありません。


今でも忘れられないボーディングタイム。出発ぎりぎりになっても全然来ない10人程のドバイからの大家族。やっと来たよ…と思ったらいきなりシャウト!!!

「Where is the bed for our infants!???」赤ちゃん用のベッドはどこだおりゃぁぁぁとヤクザ並みの勢いで、ただ傍に立っていたなにも罪のない私にシャウト。はぁやれやれ。とりあえず遅れてきたんだから少しは反省の色を見せてくれ…(彼らにこんなこと思っても全く意味のないことはわかってます笑)
ベッドは離陸後に設置しますから…となだめると4台分ほしいと。その家族に提供できるベッドは2台。他の2台は他のお客さんの赤ちゃん用。そしたらまたシャウトッッ!チケット代返せとか、こんな飛行機乗らないとか、スーパーバイザーとグランドスタッフ呼んで来い!!とかもうキレッキレ。
彼らのクレーム対応で1時間弱出発時間が遅れると、今度はまた別のお客さんが「いつまで待たせるんだ、こんちくしょーーこんな飛行機もう乗らない!!ドアを開けろーーーー!!」と駄々をこねだし、無茶なことを言ってくる。そんなんでいろんなお客さんが立ちだして、おりゃぁぁぁみたいな(アラビア語なのでわからず笑)言い合いを始めて機内はパニック。そう…中東全域(主にクエート、パレスチナ、ドバイetc)からヤクザが集結してしまったのです。

 

なーんとか事態は収まり、かなりの遅延でやっと離陸。しかし、ふぁーと息つく暇なんかなく、ノンストップコールベル&要求の嵐。しかも頼むのではなく超威圧的な要求。かわいい顔した子供まで指をぱちんぱちん鳴らして「エクスキューズミーー!!!!」とすんごい上からメイド扱い。

クルー全員、機内を行ったり来たり全力疾走。こんなに肉体的にも精神的にも辛いなんて…心半分折れかかり、仕事本気で間違えたと絶望していた時に、

「あなた、日本人?大丈夫??」と優しい声が。そうそのフライトには中東のヤクザとは別に日本人の団体グループのお客さんも乗っていたんです。ヤクザの対応に追われ、まったく日本人のお客さんに気をかけてる時間もなく、もう気が付いたら着陸に近い時間に。日本人ということを伝えると、1組の老夫婦が

「あなた、海外の日本人がいないところで頑張ってるわね、機内を本当に忙しく走り回って…応援しているわ、これほんの気持ち。」

と、即席で作ったと思われる折り鶴が…。たぶんこのお客さんたちは日本線では絶対に見ることのない機内の状況に愕然としたのだと思います。でも、この優しい言葉と気遣いがすごく嬉しくて…自然と涙がほろり。

しかしそんな感傷に浸ってる間もなく、カサブランカに着陸!機体が止まるまで着席していなきゃいけないのに、そんなの彼らには関係ねぇ。即行起立!!涙
もうこっちも我慢できずヤクザ口調で「Sit Dooooown!!!!!すわれぇぇぇぇぇ」とコントロールをしに行き着席させて、また自分のクルーシートにやっと戻ると、目の前に座っていたモロッコ人のお客さんが、

「本当にハードワークお疲れ様だったね。大変だったのがよくわかったよ…。ところで君は日本出身だろう?なぜ日本で仕事を探さないのかい??」

と、ついにお客さんに転職を進められる始末…返す言葉も元気もありませんでした苦笑。

 

まぁこんな史上最凶のフライトをなんとか乗り越えたので、きっと帰りの便は少しはマシだろうと、ここにいる全員が共通して思いますよね?っね?

 

帰りは超超超酔っ払いのモロッコ人女性が繰り広げる数々のドラマの対応に追われることになるのです…とほほほほほほ。

フライトのしょっぱなからワインをがぶ飲みし、ついにはギャレーにまで来てありとあらゆるお酒を頼みだしたんです。私達クルーはお客さんのアルコールの摂取量もモニターしなくてはならないので、みんなで彼女に提供するお酒を減らしてさらに時間を遅らせようということになりました。(トランジットでだいぶ酔っぱらっていると、次の国に行くフライトに搭乗できないことだってあるんです)

最終的にお酒を提供できないことを告げると、ガチギレ。私は酔っぱらってないし、まだまだ飲めるーーー!!!と典型的な酔っ払いが言うセリフを放ったのちに、なんと周りに座っていた男性人たちにキスをし始めたんです!そして彼らからお酒を譲ってもらっていたんです(ちなみにここはクラブでもバーでもなくまぎれもなく機内です笑)

 

そして私は見てしまったんです…。彼女が一人の男性を連れて、トイレに入っていくところを…。オーマイゴッド!!OMG!!!

私は第一発見者だったので、トイレを開けなくてはならず、とんとんとんとんドアを叩いたけれど、返事無し。しょうがないのでチーフパーサーと共に、強行突破で鍵を開けると…

酔っぱらってぶっ倒れている二人がwwwwww

その後水を飲ませて看病。お願いだから、機内でもうお酒をこんなに飲まないで…機内は通常より4倍酔っぱらいやすいの…だから過信は禁物!!!!彼らにこの想いが届いたことを願うばかり…

 

私もうこのフライト終えて、当分なにも恐れるものはありませんでした。でももしもう一度カサブランカ線をやることになったら…怖くて震えてトラウマが蘇えるでしょう笑。

ちなみにフライトは鬼畜ですが、カサブランカの都市自体は普通に良いところでした。でもこんな苦しい思いをしてまで来るところではないかな~~というのが本音です笑。

Same Same but Different! Part②

さぁ~今回もホットなトピック、Incredible Indiaが続きます。

ところでタイトルの 【Same Same but Diferrent】って聞いたことありますか?アジアを旅行した人には聞きなれたフレーズかも? これ意味、矛盾してますよね笑。「同じ、同じ、でも違うんだ!!」これドインが大好きなフレーズなんです。(ちなみに彼らは同じ言葉を2回繰り返していう特徴があります。かなり徹底的に笑)

何か頼んだ時に、それが無くて代替案をオファーしてくるときとか、本物じゃなくて偽物を売るときとか、まぁいわゆる逃げの口実に近いものがありますね。これあまりにもドインから聞きすぎて、私もたまーについつい口走っちゃうんです。(ラオスでこのフレーズ入りのTシャツまで買っちゃいました…ドイン化進行中w)

 

まぁそんなことはさておき、今回はUS線~アメリカがインドと化した時~をお送りしたいと思います。前回の記事で書いたようにUS線は移民のドインで満々満席でございます。私の初USフライトはダラス。でも機内から見る光景は完全にデリーwww

しかし今回は3,4時間で終わらない。14時間という長丁場。生きて帰れるかは自分次第…ボーディングの時点で私は半分死を覚悟しました…

 

これからUSに行くということで、お客さんのほとんどはUSパスポートホルダー。若者がUSで勉強して成功して…そして親戚中をUSに呼び寄せる、というループが出来上がっているようです。ただ彼らのほとんどは年長者。パスポートはUSでも英語はまったく喋れないんです。だから私、もう驚きません。USパスポートでも英語が話せない人を見ても。
でもパスポートの強さだけは見せつけてきます笑。「Where is the toilet for US citizen?」とか冗談抜きに言ってくるんです。エコノミーゴーバック!と笑顔で対応しますけど笑。

 

US線はとにかく長いので4サービスあります。朝食、スナック、サンドウィッチ、夕食と。果てしないんです。まぁベジorノンベジといつものインド線のようにやっていればいいのですが…US線のようなロンググライトの時にはサンドウィッチサービスの時に一緒にアイスクリームもリクエストでオファーします。

とあるお客さんに「Ice cream?」と聞くと「ベジ?」と度肝を抜く質問が返ってきました。

んーーーと…、まずアイスって乳製品だよね。

「Ahhhh Madam. It contains milk」と説明はしたが、返ってきた答えは「ベジ?」の一点張り。そうベジダリアンの人は肉が中に入っているかどうかにとにかくこだわるのです。
まぁアイスにチキン入ってないし、野菜ではないけど、ベジかノンベジかって言ったら「ベジ」か笑。おばぁちゃんは笑顔でアイスを受け取ってくれました。

 

ながーいながーい戦争という名のフライトを終え、やっとたどり着いた先はアメリカ。こちらとしてはインドを4往復している気分なので、なぜか自分がチキンビリヤーニくさい…。ホテルに着くと死んだように12時間寝て、せめてアメリカにいる感覚を少しでも実感せねばと、ランチはステーキを…束の間の喜び。やっと自分がアメリカにいると気づかされる笑。そしてあっという間に帰りの便のピックアップの時間。いざ戦場へ…

 

これが中東CAのリアルUS線の実情です笑。機内で巻き起こる数々のドラマで、苦労が絶えることはありません。ドインの脅威、恐るべし…。

 

Same Same but Different! Part①

今回のお題は一大トピック。その名も

『Incredible India~信じられない未知なる世界~』

長文になることを覚悟しますが、絶対に裏切らないネタを約束します。

 

まず中東に来る前にインディアについて思っていたことといえば、カレーが美味しくて頭にターバンみたいなのを巻いてる人がたくさんいるヨガの聖地。みたいなほんとざっくりとした適当なイメージ笑。

ただ今は違います。知りすぎてしまったがゆえに、インディアについて語ったらもうどにも止まりません。(以下インド人については中東クルー用語の[通称ドイン]として呼ばせていただきます)

 

ここ中東には私の勤める航空会社だけではなく、本当にたくさんのドインが出稼ぎに来て生息しております。初めてのインドのフライトから帰ってきたときに、セキュリティもドライバーもクリーナーもレストランの店員もみーんなみんなドインで、ここはまだインドなのか。。。と寝ても覚めても周りはドインな環境を目の当たりにし、ここでドインと共に共存していく覚悟を決めました。 

 

ドインは人口がはんぱなく多いのでひとえにこうだ!と決めつけてしまうのは申し訳ないですが、経験上から勝手に決めつけさせてもらうと笑

「人のプライベートゾーンにずけずけと土足で入ってくる天才」

ではないでしょうか。いい意味でも悪い意味でも笑。だから言ってしまえばとってもフレンドリーで「ヘイ、マイフレンド、ギブミーウィスキー・ウィスキー」とニカーって満面の笑みでとても人懐っこく迫ってくるんです。でもそれと同時にうっうざい…という感情が込み上げてくるんです笑

 

私の初めてのインドフライトはアハメダバートというわけわからん名前の都市でした。先輩クルーからドイン線はまじできついからと口をそろえて言われてきたので、だいぶ構えてフライトに臨みました。
ボーディングの時点で、今まで見たことのない膨大な手荷物の量を見て驚愕したことを今でも鮮明に覚えています。そうみんなUSに行く移民の方々なのです。引っ越しの為のありとあらゆるグッズを持ち込んでいるのです。鍋とか、スパイスとか、布団とかもうなんでも笑。そう、中東はインドとアメリカを最短・最安値で繋ぐトランジットスポットなのです。(だからUS線も99%ドイン。想像してみてください、14時間のインド線…泣けてきます)

そしてサービスが始まり、最初のお客さんに「チキン or ベジタリアン?」と聞くと「ノンベジ、ノンベジ」と首を横に振りながらそう答えるのです。

…むむむ、まずノンベジとは…Not ベジタリアン…あぁぁぁチキンね!そして確認のため「May I offer you Chicken?」と聞くと、また笑顔で首を大きく横に振るんです。
この首振りは…ワッツ!?ノーなのかなんなのか。世界一般常識からすると顔を横に振るのはノーという意味であるが、ここはincredible India。しかも顔だけではなく、首から思いっきり横に振っているので、このジェスチャーはなんなんだ!?なにを示しているのだ!?とキャビンを見渡してみると…


みんな首振ってる。しかも笑顔で。そうみんな揃って首振りカスタマーwww

そして私は確信した。これは彼らのYESという意思表示。ドインと心が通った瞬間w

そして次にドリンクのサービス。「 What would like to dr...」まだ私の問いかけが終わる前におもいっきりかぶせて「ハードドリンク、ハードドリンク!!」

ハードなドリンク?!固い…いやそれとも激しい。なにが欲しいかよくわからないため、とりあえずカートにあるお酒にひとつひとつ指をさしていって、確認したところ

「ノン、ノン!!」と首を横に振る一方。

ワッツ!?また首振ってるけど笑!!でも今度は笑顔じゃなくて若干しかめっ面で顔の角度が微妙に下がり気味。
そしてウィスキーを指した瞬間、「イェエエエス、マイシスター!」と笑顔で首を振ってきた。そう彼らのいうハードドリンクとはウィスキーのことだったのです。そして、彼らにとってはイエスでもノーでもとりあえず首を振るんです。頷く感覚で。首振り具合と表情の変化と顔のうつむく角度からイエスかノーかを瞬時に判断しなければならないのです。(これがわかったら晴れてドインマスター笑)

ウィスキーをダブルでなみなみ注いで、次のお客さんにカートを進もうとした瞬間、
「シスタシスタッ!ワンモア」と私の腕をつかみ、グラスを差し出してきました。

え…いま飲み物あげたばっかじゃん…飲むの早すぎだし、ウィスキーってショットじゃないし、そもそも私はあなたのシスターではない…と思ったのも束の間。これが to be continued...Forever…サービスが終わらない~~~ギャレーが遠い向こう側に…だれか…ヘルプミー。
そんな感じでしっかりとドイン線の洗礼を浴び、初フライトを異文化交流という形で終えました笑。

まぁもちろん全員が全員こんな感じではないですよ、普通のお客さんも普通にいます。んーーーでもだいたいの人がこんな感じ笑。あるもの全部くれ精神ってやつです。彼らの貪欲な精神、控えめな日本人からしたら理解できないレベルですが、学べることはあるのかもしれません…ね?

やっぱりドインについて語ったら語りきれない!!笑
今度はUS線バージョンでパート2を書きます。

気付いたら…ラマダーン4回目!?

最初の記事を書いてから早くも7か月が過ぎており…気楽にマイペースに書くと宣言した結果、三日坊主を極めました笑。

 

さておき、この7か月の間に砂漠生活3年コンプリートをし、エコノミークラスを卒業し、ビジネスクラスに昇進しました。月日は流れるのはとても早く、今年で砂漠生活4年目に突入し、ラマダーンもかれこれ4回目。慣れってコワイですね、もうなにも抵抗も恐れることもなくなりました。

 

ラマダーンラマダーンと言っておりますが、日本では全く馴染みのないこのイベント。イスラム圏の国ではスーパービッグイベントとして毎年開催されております。私のような出稼ぎで来てかつイスラム教ではない一般人からすると、〈一か月間太陽が出ている間全ての飲食店が閉まり、お酒が一切公共の場で飲めない〉という言ってしまえば生き地獄のような日々なのです。豚肉はもちろん普段から食べられません。

 

イスラム教徒の人たちからすると、それはそれはとても大切なイベントで、日中飲食は一切せず、敬虔な人はつばさえも飲み込まないといいます。飢餓で苦しむ貧しい人々の気持ちを理解し、断食した分のお金を貯めてイスラム教の貧しい地域の人々に寄付をするというのが本来のコンセプトらしいです。

ラマダーン中にはイフタールという日没後初めてとる食事があり、家族や友人と一緒に伝統的な料理を楽しむことが日課とされています。

 

しかしこの断食ですが、イスラム教のエアラインクルーにとって、とても困難な状況に陥ることが多々あるのです。普通に生活していればその住んでいる国の日の出から日没のタイミングに従えばよいのですが、昼夜関係なしに世界各国飛び回り、かつ時差がある中で断食をするのはすごく難しいと彼らは嘆いていました。言ってしまえばずっと夜ならいいんです笑。でも夏の北欧とか日が全く沈まなかったり、朝出発してずーっと西に進んでいたりすると太陽が一向に沈まないんです。となると彼らはたまに24時間近く飲食できない環境に陥り、もう仕事どころではなく、イライラと疲れと空腹に耐えられずいわゆるDEAD。私はそんな彼らの目の前で食事をすることをためらうこともありました。でも食べ物を進めることももちろんできないし…。宗教や文化を理解することは難しいけれど、敬意を払いリスペクトすることはとても大切だと感じました。

 

一日一緒に働いたクルーと共に、断食が終わる日没までのカウントダウンを一緒にやったことがあるのですが、散々我慢した後に解放された瞬間の彼らの輝きと幸福感…今でも忘れません。欠食児童のような勢いですごい食べます。飲みます。すかさずおかわり用の食べ物と飲み物スタンバイさせておきました笑。

そしてラマダーン後によく聞くのは「もうイフタールで食べすぎちゃって4キロ太っておなかパンパンでユニフォームはいらなーいww」とか。「ラマダーンでお金貯めて○○買っちゃったっへへ」とか。

この断食…やったことのない私から言ってしまうのもなんですが、はたから見て、本来のコンセプトは何処へ…というのが本音です。

 

まぁ実際日中のフライトはイスラム教のお客さんはなーーーんにも頼んでこないので、一瞬でサービスが終わります。いつもあれこれこれくれって言ってくるのに、その間はとてもおとなしくなるので、そこは感謝です笑。ただ日没後のフライトは言わずもがなカオスですが(T_T)

中東での出稼ぎCAの備忘録として*

中東ベースの航空会社の客室乗務員として働き始めて、来年の3月で早3年。ここでしか経験できないこと(主にネタ笑)が、山ほどあったにも関わらず、めまぐるしく毎日が過ぎていくためなかなか書き留めておくことができませんでした。先月27歳の誕生日を迎え、何かを新しく始める良い節目となったので、日々の備忘録としてブログを始めようと思います。文章を書くのはもともと好きですが、三日坊主にならないように、マイペースに気楽に書いていこうと思います。


ハンドルネームのなでおかめは、わかるひとにはわかる地元〇神社の超人気キャラクター。毎年酉の市になると、熊手を買いに来た人々が、なでおかめをなでるために長蛇の列をなします。地元の先輩に誘っていただき、何回か巫女さんのアルバイトをさせて頂きました。その際にあまりにも私の顔がなでおかめに似ているという話になり、むしろモデルではないかという疑惑まで浮上しました。並ぶのが面倒だという友人は私の顔をなででくるという仕業まで笑。福顔だということで前向きに受け止めています。

巫女さんのバイトの小話を少しすると、それはそれはとても神聖で特別なお仕事をお手伝いさせて頂きました。熊手を買ってくださる方に対して、「熊手一体1000円になりやーっす、ありがとうございやしたっ」のような下町口調で対応するのではなく、「参拝ご苦労様です、1000円お納めください」と巫女口調で対応しなければなりません。
そしておみくじ担当のときは、いかに人々が大吉ないし吉をひくことを祈り、思いを込めておみくじを引いているのかを目の当たりにしました。凶が5回連続で出てしまいこの世の終わりレベルに落胆してしまった方に対しては「大丈夫ですか・・・?」「大丈夫じゃないです・・・。どうしよう・・。」そんなかわいそうな姿を放っておくことはできずとっさに一言「あの・・・よかったらお祓いしましょうか・・?」
素人の分際で、お祓いを何度かオリジナルでやらせていただきました。すいません。でもなんだか気持ちが晴れたと言ってくださったので、少しはためになったのかと。何事も気持ちですよね笑。
地元の土地柄、ヤ〇ザの方々もたくさん来たのですが、ちゃんと巫女の私に対しては忠実で「頭ををお下げください」と言ったら深ーーーく頭を下げて、必死にお願いモード。私がその頭上で鈴をしゃんしゃんしゃんしゃん鳴らしている、、、という見る人から見たらかなりシュールな光景。人生みんな最後は何事も神頼みなのですね。

地元の仲良しの先輩と後輩と一緒にやった巫女のバイトはすっごく寒かったけど、とても楽しくて、毎年酉の市の季節になるとそんな思い出がよみがえります。ここ3年は日本に帰れず行けていませんが、来年こそはなでおかめをなでに、酉の市に行けますように・・・。

            f:id:nade_okame:20161221222653j:plain